ましろの「ひとりかくれんぼ」後日談【「ぽ」とは】

前回ましろさんが挑戦した「ひとりかくれんぼ」。

その反響はリスナーのみならず、他のライバーからも「ずごかった」と絶賛されていました。

nitome-otaku.hatenablog.com

 

しかし、ひとりかくれんぼ」の後も奇妙なできごとが続いていたそうです。

この記事ではひとりかくれんぼ」後日談をはじめとした、雑談配信のことを書いていきますね。

ひとりかくれんぼ」は終わっていなかった

f:id:me-ota:20201028194613p:plain

ましろさんは「ひとりかくれんぼ」を挑戦した次の日。

なんと彼は人形を放置していたそうです。

しかも、そのまま彼がお風呂に入ると「あちこちからラジオのノイズ音」が聞こえてきたといっています。

ましろさんも言ってましたが「ヤバイ」ですね~。

まだ呪いがとけていなかったのかもしれません。

さらに次の日、ましろさんは家の敷地で燃やしても効果がないと思い、神社にお焚き上げをしてもらうことにしました。
(正しくは人形を預かってもらったそうです。)


そして、もちろん神社の神主にこっぴどく叱られたそう。

最後には神主に

「二度とやっちゃダメ!!!」


と言われましたと報告をしましたが、リスナーは「そりゃそうよ」と冷静に草をはやしています。

人形はまだ風呂場に残っていた

ようやく元凶の人形がいなくなったと思い、気が楽になったましろさん。

しかし、人形はまだましろさんの傍にいたのです。

神社に人形を預けてから2日後、彼がお風呂に入っているとき風呂の底に何かがあることに気がつきます。

なんだろうと思い、「それ」をみてみるましろさん。

それは最近見たことのあるものでした。

「人形のリボン」

f:id:me-ota:20201028195151p:plain


ましろさんは恐怖なのか焦りなのか、急いでゴミ箱にリボンをボッシュートしたそう。

でも、本当にその方法で大丈夫だったんでしょうか?


何はともあれ、これで彼のひとりかくれんぼ」完全に終了となりました。

神主に念を押されてやめろといわれたので、第二回目はどうなるのでしょうね。

ましろの不幸「風呂の栓をなくす」

f:id:me-ota:20201028195844p:plain

お風呂つながりでましろさんはもう一つ話を始めます。

「うちの猫がぁ、お風呂の栓をなくしました!」


いや、ましろさん重大発表みたいに言われても困りますよ。


話では、ましろさんの猫がお風呂のゴム栓を引きちぎりどこかへもっていってしまったそうです。

しかし、ここで問題が一つ。

ましろさんの家の中は外よりも寒い!

そのため、風呂がないと凍えてしまうらしいです。

銭湯がよほど気に行ったそうです

凍死したくない彼が通いだしたのは

スーパー銭湯


温かいだけでなく、疲れもとれるとニッコニコで話しています。(男の娘なのにすごくかわいいと感じてしまった。)

ましろさんが特におすすめするのが

「寝風呂」

その名の通り、浅いお湯に寝っ転がってお湯につかるというぜいたくな入浴方法です。(首痛くなるけど)


ましろさんは気持ちよすぎてその中で眠ってしまったと言っていました。

しかも3時間!!!

そのときのことをましろさんはこう言っています。

「体まっしろになった。ましろだけに…寒っwww」


どうやらお店の人にその姿を発見され助け出され、また怒られたそうです。


ちなみに、そのスーパー銭湯の店員が言うには「5分入って次の風呂に入る」のがいいみたいです。

ヒツジは知りませんでした。


最近、ましろさんは警察やら神主やら店員やらいろんな人に怒られていますねぇ。

彼自身もそのことについてこう語っています。

「どうなってんだよ!! 怖いな本当に」

 (自業自得とヒツジは思います)

ましろさんの雑談は他にも【「ぽ」とは】

f:id:me-ota:20201028201554p:plain

この配信は他にも

  • 10/30のアーカイブが残らないかもしれない歌配信の告知
  • BLのドラマにはまってしまったこと
  • 呪術廻戦の感想

についても話しています。気になる方は下のアーカイブでどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=K8JTyp4hPww

 

ちなみに、配信タイトルの「ぽ」とはポジティブの「ぽ」らしいです。

どうやら配信の告知をしたときにリスナーに心配されたため「ぽ」と打っといたそう。(表現の仕方が独特なましろさんはやっぱり魅力的)


第2回目の「ひとりかくれんぼ」は⇩

【第2回】Vtuberましろの「ひとりかくれんぼ」【猫に翻弄される】

 

追記:雑談配信のたびに不幸体験が増えるましろさん

 

ほんでは